ローンを借り換えて
金利を節約

金利タイプや銀行の変更も念頭に

返済負担を減らすためのローン借り換え

ローンを借り換えて金利を節約しようっていう人は結構いるのかもしれません。しかし、ローンを借り換えて金利を節約するのなら、何を望むのかっていうことをちゃんと考えておいた方が無難です。金利の節約ってことだから、それを望んでいるんだろうって話じゃなく、借り換えするっていうことはそれだけリスクもあるっていうことです。金利を減らせば必ずしも総返済額が減ると決まるわけではありません。総返済額を減らしたいのか、月々の返済額を減らしたいのか、将来的に返済額が増えるリスクを減らしたいのか、そういうことを考えた方がいいです。

 それによって選ぶ金利タイプが変わります。金利タイプが変わるってことは、選ぶ金融機関も変わるかもしれないってことです。各金融機関には借り換えのシミュレーションを設置していると思うので、それを利用するっていうのもいいと思います。ただし、試算結果が必ずしも借り換えた時の結果と同じということではないかもしれないので、参考程度に考えておく方がいいかもしれません。また、借り換えには諸費用がかかります。金利が節約出来ても諸費用が高いと殆ど得にならない、場合によっては損をするなんてことも考えられるので、それは注意が必要です。

 


Copyright (C) 住宅ローン借り換えシュミレーションの必要性 All Rights Reserved