住宅ローンの金利を見直し

返済額を減らせる方法のひとつ

返済中の住宅ローン金利を再検討

住宅ローンの金利を見直しするっていうのも、少しでも返済額を少なくする方法かもしれません。住宅ローンの金利を見直しっていうと大変だって思うかもしれませんが、それで結果的に総返済額に結構な差が出るということもありますし。ちなみに、金利を選ぶ時の基本的な考え方は、低金利なら固定。高金利なら変動。高金利で借り入れた変動金利は金利が下がると固定へ移行ってことになります。ただし、今は全体的に住宅ローンが低金利の時世ですから、しばらくは上がらないだろうと考えて変動を選ぶ人もいます。これは、変動の方が固定よりも金利が低いからです。

 固定も変動も、固定と変動の組み合わせも、住宅ローン借り換え相談によるとそれぞれにメリット、デメリットがあります。ですから、どれが一番いいということは決められません。しかし、自分の生活や経済状況、性格などによって向き、不向きというのはあるので、そこは気をつけた方がいいと思います。大雑把に言うと、今の生活に金銭的余裕があるのなら変動の方が向いているかもしれません。リスクということが分かっていて、世の情勢をチェックすることが苦にならない人も向いている気がします。逆に返済額が上がると生活が厳しい。リスクが分かっていても精神的に安心が欲しい。そういう人は固定の方が向いていると思います。

 

住宅ローン参考サイトはこちら

新生銀行住宅ローン審査甘い?人気の借り換え!【デメリットは?】
新生銀行住宅ローンを徹底研究!その評判とデメリットとは?
審査に通りたい方は必見の情報が満載です。
www.ginkou-sinsa.com/


Copyright (C) 住宅ローン借り換えシュミレーションの必要性 All Rights Reserved