住宅ローンは長期返済

生活スタイルにあったプランを選びましょう

住宅ローンは長いスパンで考える

住宅ローンは長期返済なので、金利タイプや返済方法などを決めることが難しいかもしれません。月々の返済額を少なくして負担を減らし過ぎると結果的に元金が減らなくて、利息によって総返済額が結構高くなるということもあります。しかし、逆に早く返済したいばかりに月々の返済額を高くして、日々生活が厳しい、急な出費に対応出来ないということもあります。ですから、どちらに偏っても困ることになるっていうことで、返済額を考えるっていうのは難しいんだろうと思います。ただし、月々の返済額を少し低くしておいても繰り上げ返済を手数料無料や小額から行える商品にしておけば、返済期間を減らすことは出来るかもしれません。

 しかし、繰り上げ返済も利点ばかりってことではないので、それは注意が必要です。あと、住宅ローンは長期返済なので金利タイプの選び方で返済額が結構変わると思います。基本的には低金利の時には固定の方が有利だと考えられていますが、固定には固定の、変動には変動の利点と難点があるので、そこも気をつけないといけないと思います。また、健康面も心配ですから疾病保証が付加されている、無料で付加されているという商品を選ぶのもいいかもしれません。また、もしもの時の為にお金を手元に残しておきたいのなら預金連動型の商品を選ぶという考え方もあると思います。

 


Copyright (C) 住宅ローン借り換えシュミレーションの必要性 All Rights Reserved