住宅ローンを
借り換えるための心得

借り換えで自分の望むサービスが得られるのか

ローン借り換え成功の秘訣

 一般的に、ローン借り換えに適した条件というと次の3つの項目にあてはまることかもしれません。先ず、今の住宅ローンと新しいところを比較して、新しい住宅ローンの金利が1%以上低いこと。それから、ローン残高が1000万円以上あること。そして、返済期間が10年以上残っていること。これらにあてはまると借り換えて得をすると考えられています。ただし、あてはまらないから得をしないという風に決めてしまうことも出来ないので、そこは注意が必要です。また、ローン借り換えに適した条件としては自分の望むサービスが得られるのかっていうこともポイントです。

 例えば、こまめに繰り上げ返済をしたいと考えているのなら、繰り上げ返済に関して色々なサービスがあるところがいいと思います。また、借り換えの時には諸費用がかかるので、金利が安くなってもその分で損をするという可能性があります。ですから、諸費用込みで得をするのかっていうのをチェックした方がいいです。諸費用は意外に高いですので、馬鹿には出来ません。あと、疾病保証などのサービスも今は人気です。特定の病気になった時には住宅ローン残高が0になるというものです。疾病保証がついているもの、それが無料になっているものなど多くの商品があります。

借り換え検討中ならシュミレーションを!

 

住宅ローンシュミレーション!金利・手数料比較!【借り換えは?】
住宅ローンを借り換えるなら前のローンより絶対条件の良いところで借りたいもの。シュミレーションすることによってあなたの年収で借りられる住宅ローンのシュミレーションや、繰り上げ返済、借り換えにメリットがあるのかもハッキリします!
www.interuser.net/


Copyright (C) 住宅ローン借り換えシュミレーションの必要性 All Rights Reserved